桜花賞G1 [競馬]



子供たちは明日から新学期…



第78回桜花賞G1



例年、同じコース、同じ距離で行われるチューリップ賞G2の上位組が強い桜花賞G1ですが、今年のチューリップ賞G2は昨年末の阪神ジュベナイルフィリーズG1上位組で決まりました。特にラッキーライラックは強かったです。そこで今年はもう一つのトライアル、フィリーズレビューG2上位組の活躍に期待してみます。



本命◎:5枠10番アンヴァル…フィリーズレビューG2の4着馬。11月の福島2歳ステークス以来の出走でしたが、レースは内側から鋭い伸びを見せました。上積みを考えるとこの馬が逆転の第一候補。



対抗◯: 1枠1番ラッキーライラック…チューリップ賞G2の勝ち馬。最内枠で揉まれなければ圧勝もありそう。



単穴▲:2枠3番リバティハイツ…フィリーズレビューG2の勝ち馬。使い詰めですが馬込みを物ともしない根性が魅力。



穴△:6枠12番デルニエオール…フィリーズレビューG2の3着馬。オルフェーブルの全妹で血統的には◎。距離が伸びてどうか。



大穴×:8枠17番マウレア…チューリップ賞G2の2着馬。堅実性と鞍上が魅力。ただ、1番を逆転出来るかは疑問。



注:2枠4番アンコールプリュ…フィリーズレビューG2の2着馬。展開に恵まれて2着の印象も、末脚は評価。



馬券は、馬連とワイドで10番から1番3番4番12番17番への流し(5通り、5通り)と3連複で1番10番から3番4番12番17番への流し(4通り)



nice!(29)  コメント(4)